東京ビジネス中国語学院

正しい中国語を
身につけましょう

日本で唯一の中国語国家資格
「HSK対策講座」はこちら ▸
1
 唯一の国家資格
2
就職転職に有利
3
レベル査定にも
来日中国人が増えている今、中国語を活かして全国通訳案内士として活躍しましょう!
2020年東京オリンピックのガイドや市町村のボランティアなどでも役立つ資格です。
講座案内
全国通訳案内士口述(2次)試験
対策講座
内容
口述(2次)試験は逐次通訳とプレゼンテーションの形式で実施されます。
(平成25年度~)
逐次通訳では過不足なく訳出する力、プレゼンテーションでは持っている知識を
制限時間(2分)内にわかりやすく表現するパフォーマンス力が求められます。
本講座では、9つのステップからなるオリジナルトレーニングで、
「和製中国語」ではない中国人に通じる「本物の中国語」で表現する力を伸ばします。
  丸暗記には頼りません。  「和製中国語」とは ▶      
  口述(2次)試験の評価項目である「発音および発声」も合わせて強化します。      
通訳及びビジネス経験で培った、高いパフォーマンス力を持つ講師が指導します。
オリジナル教材(Version8/2020.1.更新)使用。      
対象
全国通訳案内士筆記(1次)試験合格者
HSK6級または中検1級取得者
会場
都内外部会場
所沢駅前校
学費
都内外部会場
所沢駅前校
講師
申雁明 (元中国黒龍江大学講師)
担当講師からのコメント
逐次通訳には、「文法知識」だけなく、「表現方法」というテクニックも必要です。
このため、口述(2次)対策を担当する講師には、少なくとも8年以上の逐次通訳経験が必要です。
なぜなら、逐次通訳経験で培った「表現方法」というテクニックがないと、
  「本物の中国語」と「和製中国語」の違いを教えられないからです。「和製中国語」とは ▶      
  筆記(1次)中国語試験の受験をお考えでしたら、      
  HSK6級を取得して1次試験の免除を目指すことをおすすめします。      
  HSKの試験問題は中国国家漢語国際推進事務室(国家汉办)が作成する「本物の中国語」です。      
  HSK対策で身につける力が、結果的に口述(2次)試験でも役立ちます。「HSK対策講座」▸      
受講生の声
「全国通訳案内士試験口述(2次)対策講座」受講生の声
News!
2019年度全国通訳案内士口述(2次)試験出題予想的中!
→ 「相撲」「千羽鶴」「メイドカフェ」「お好み焼き」
平成30年度全国通訳案内士口述(2次)試験出題予想的中!
→ 「日光東照宮」「和食」
平成29年度通訳案内士口述(2次)試験出題予想的中!
→ 「大相撲」「お歳暮」
平成28年度通訳案内士口述(2次)試験出題予想的中!
→ 「富士山」「お盆」「免税制度」
平成28年度通訳案内士筆記(1次)試験出題予想的中!
→ 「盆栽」
平成28年度の通訳案内士試験ガイドラインの改定により、
HSK6級180点以上(旧HSK9級以上)の有資格者は、筆記(1次)試験が免除されます。
平成27年度通訳案内士試験
出題予想2問的中!
→ 「B級グルメ」
平成25年度通訳案内士試験
出題予想3問的中!
→ 「趁热打铁」「納品」「五月病」
2名合格!
平成24年度通訳案内士試験
出題予想5問的中!
→ 「風評被害」「スマートフォン」「サプリメント」「ブランコ」「メンテナンス」
1名合格!
平成23年度通訳案内士試験
出題予想4問的中!
→ 「レアアース」「八百長」「ペットボトル」「無縁社会」
クラス全員合格!
スタンダードコース 単科集中コース ビジネス中国語コース 新HSK対策講座 全国通訳案内士試験対策
とっさの中国語会話
お申込み & お問い合わせ
0120-915-985
受付時間  AM 9:00~12:00 PM 1:00~6:00  土日祝日も開講!
info@tokyo-business-chinese.com



Copyright (C) 2007 東京ビジネス中国語学院 All Rights Reserved.